内科ではマスクを着用しましょう

 どのような時に内科に行きますか。


風邪をひいたとき、熱がある時、なんだかとてもつらい時など様々です。

他の患者さんが待合室にいる時、あなたはどうしていますか。

また、その患者さんはどうしていますか。


その人も風邪かもしれません。

他の病気かもしれません。お互い悪気がないとはいえ、内科に来る人は何か体の具合が悪いのであり、その原因である菌やウイルスが存在します。

お互いにそれから身を守れていますか。

内科のお医者さんに病気を診てもらう状態ということは、今自分の中に存在しないそれらの菌やウイルスなども、体の中に入ってきやすい状態であるということなのです。

無防備でいると危険です。

身を守らなければいけません。

内科の待合室というのは、それらが跳梁跋扈しているのです。


隙あらばあなたの体に飛び込んできます。



病気で体力が落ち免疫も低下、なかなかの好条件です。

どうしましょうか。


ここでマスクです。

なんだ、マスクか、などと考えてはいけません。
マスクを侮ってはいけません。

完全にブロックすることは出来ないでしょうが、マスクを着用しているのとしていないのとでは大違いです。

口と鼻、ここをしっかり防護してくれる、とても優秀なものなのです。

今すぐ使えるAll Aboutの情報はこちらです。

花粉の季節には、マスクは大活躍しています。
菌やウイルスに強いマスクの研究も進んでいて、とてもいいものもあります。

安くてもちゃんと効果のあるマスクもたくさんありますので、格好悪い、ダサい、などと思わずに、マスクを着用しましょう。